Category

※緑の文字は、クリックで詳細メニュー展開。

openclose

Recommend
Hello! 【DVD付】





18禁BLゲーム「NO,THANK YOU!!!」応援バナーキャンペーン実施中!

Profile

杏花

【管理人】 杏花

【CP嗜好】
 ・受にベタ惚れの攻 (基本)
 ・年下攻 (下克上万歳)
 ・男前受 (ザ・漢!)
 ・オヤジ受 (照れ屋な純粋培養)
 
【作品嗜好】
 ・明るくほのぼの
 ・ハッピーエンド
 ・メンタルラブ
 ・ラブコメ、ロマコメ
 ・ちゅー大好物
 ・デキる男たちのワーキンラブ

【私的評価基準】
★★★★★ → この巡り会いに心から感謝
★★★★☆ → とても美味しく頂きました
★★★☆☆ → そこそこ楽しい時間が経過
★★☆☆☆ → さほど可も無く不可も無く
★☆☆☆☆ → 古本屋さんにドナドナ予定

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2014/01/14

「アルカナ・ファミリア─幽霊船の魔術師─ 総評」

Category : HuneX
(閲覧のご注意)
※下記レビューにはネタバレが含まれています。


アルカナ・ファミリア 幽霊船の魔術師 (通常版)アルカナ・ファミリア 幽霊船の魔術師 (通常版)
(2012/06/21)
Sony PSP

商品詳細を見る


【私的評価】
★★★☆☆

「アルカナ・ファミリア」のファンディスク。(スペシャルディスク?)
前作(本編)EDから数日後のストーリー。


【シナリオ】
全5章。
アップテンポで読みやすく、わりと粗いです。(デジャヴ)
幽霊船内で過ごす2泊3日の物語なので短いですが、ボリュームに関してはFDとして申し分ないかと。
攻略対象はひとり増えて全8名。(前作データの引継特典でダンテ・ジョーリィのルート制限解除可)
EDはキャラごとに3種類。方向性は違えども全部HAPPYです。


【糖度】
後日談(恋人関係が成立している)にしては糖分控えめ。
でもわずか数日後なので相応といえば相応でしょうか。まだまだお付き合いしたての初々しいカップル感が出ております。


【システム】
前作で最もストレスだった、怒涛の「セーブしますか」地獄からは脱していたので一安心。あれは本当につらかった…。

コマンドカスタムは前作同様便利といえば便利なのですが、結局ショートカット出現させるために1操作&決定するために1操作しなきゃならんので、改めて快適かと問われたらNOと言いたいのが正直なところ。

章選択が可能なので、ED3種の網羅(アモーレ数値調整)のための周回プレイはラクでした。(ただしクリアデータからの引き継ぎ必須)

前作でさほど必要性を感じなかったお嬢のココアル能力、今回はうまいこと話に絡められていて活用機会が増えました。勿体ないなと思っていたので役立ってくれて嬉しい。

ボイス面におけるサービス精神は相変わらず抜きん出てパーフェクト。
おまけでご褒美的な小ネタがたくさん詰め込まれている点にも凄い気合いを感じます。中の人たち、相当シナリオ分厚いんだろうなあ。
ルーレットのミニゲームと、「裁きの時間」がすこぶる楽しかった。お嬢が下す罰がどれもこれもお茶目にSっ気たっぷりで素晴らしい。「葉巻の代わりにバラをくわえるジョーリィ」はぜひとも見たかった!


【CG】
おおむね美麗。
相変わらずコマ割りや吹き出しの演出がキュートで和む。


【キャラクター】
◇フェリチータ (主人公/名前可変) 
可憐で勇敢なお嬢が大好きです。
でも今回はキャラがブレていて残念に思った…。ルートによって、聡明だったりおバカさんだったり強かったり弱かったりとブレまくり。ノヴァルートの猪突猛進ぶりには度肝抜かれました。どうしちゃったのお嬢。

◇リベルタ (CV:福山潤)
やっぱりデフォルトヒーローなんだなあ、と感慨深く思ったルート。
成長著しい仔ライオン物語でした。普通にいい話だった。
願わくはどんなに成長してもどうかそのまま、お嬢のパンツで鼻血を噴いてお嬢の銅像相手に愛を囁くピュアホワイトでいてほしい。

◇ノヴァ (CV:代永翼)
彼もまた素直になるという方面で成長しておりました。デレ化真っ最中のツンデレっ子でした。
つかノヴァに関しては元が元なので、ドーンと特盛られたデレ成分に思わず目を瞠った。さすがのFDだった。
ココアル使うと赤裸々すぎて逆に居た堪れなくなりました。わァ見ちゃってごめん!と何度か素で思った。

◇デビト (CV:吉野裕行)
お色気担当ツートップのひとり。
軽く見えて思慮深かったり、気遣いがパーフェクトに的確だったり。
デビトってこんなにイイ男だったんだ…。今さら気づいて申し訳ない気持ちでいっぱいです。
お守りを預けてくれた件の、「敵じゃなく海に向かって~」云々で完全に惚れました。全力で白旗。オットコマエエエ!

◇パーチェ (CV:杉田智和)
変わらず明るくてホッとしました。ついでにラ・ザーニア発言率が下がっていてホッとしました。
この人はお嬢にどんどん蹴られるといいです。パーチェとルカは蹴られてなんぼです。
ただストーリーが可もなく不可もなく、サラッとしていてあとに残らなかったのが悔やまれる。カテリーナ母さんが素敵だということは改めてわかったけど、しかし前作で未解決だった本人のあれやこれやに一切言及されていない点がモヤッと…。
EDのちゅーは可愛かったです。ちゅー大好きっ子なパーチェ可愛かったです。

◇ルカ (CV:中村悠一)
どこまでも暑苦しくお嬢様至上主義の変わらぬ姿に、和んだりイラッときたり忙しかったです(笑顔)
ルカルートは選択肢が楽しいので全部選びたくなる罠。
「このエロ帽子従者が」とか。「殴ったら元に戻る?(ニコッ)」とか。素敵に容赦のないお嬢が大好きだ。そしていつでもカワイソウかわいいルカが大好きだ。
ただ唯一ヨシュアの心残りが未解決のルートなので、そこんとこ気になりました。

◇ダンテ (CV:小杉十郎太)
慎重且つ保守的な大人に焦れたお嬢のほうから特攻させちゃうという天然策士がここに(違)
いや、お嬢さんとの距離感に戸惑うおっさんは可愛かったです。
でもやっぱり微糖。まだまだ微糖。これはもしや越えられない何か(越えてはならない何か)があるのかなあ…メーカーさん的に。

◇ジョーリィ (CV:遊佐浩二)
デビトと並んでお色気担当ツートップのもうひとり。むしろ今回ひとり勝ちかもしれない驚きの甘エロシナリオ。
それでいて最初にぶちかましてくださるのが、まさかのでこちゅーとかそんなん逆にびっくりしましたよジョーリィさん。ついでにやっぱり錬金術の賜物だったんですね、その魅惑のアンチエイジング。
今回「みせしめ」&「おさばき」のクオリティが最も素晴らしい御方でした。どすこいちゃんこ鍋には腹筋完全崩壊した。
某EDで語尾に「ガオ」をつけるジョーリィも実に素晴らしかったです。アッシュよくやった。

◇アッシュ (CV:岡本信彦)
口が悪くて荒っぽいオレ様系、かと思いきや意外なほどピュアで素直。
錬金術師として等価交換にこだわっているあたりが潔くて好きです。
最終的に安定のいじられキャラに落ち着いてくれて大満足。
出会って3日という最短で恋に落ちるだけに甘味不足は勿論なので、今後の盛り上がりに期待を寄せたい大型ルーキーでした。

◇ヨシュア (CV:うえだゆうじ)
not攻略キャラ。
予想に反して穏やかないい人でございました。切ない…。


【イチオシ】
デビト>ルカ>ジョーリィ・アッシュ


 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。