Category

※緑の文字は、クリックで詳細メニュー展開。

openclose

Recommend
Hello! 【DVD付】





18禁BLゲーム「NO,THANK YOU!!!」応援バナーキャンペーン実施中!

Profile

杏花

【管理人】 杏花

【CP嗜好】
 ・受にベタ惚れの攻 (基本)
 ・年下攻 (下克上万歳)
 ・男前受 (ザ・漢!)
 ・オヤジ受 (照れ屋な純粋培養)
 
【作品嗜好】
 ・明るくほのぼの
 ・ハッピーエンド
 ・メンタルラブ
 ・ラブコメ、ロマコメ
 ・ちゅー大好物
 ・デキる男たちのワーキンラブ

【私的評価基準】
★★★★★ → この巡り会いに心から感謝
★★★★☆ → とても美味しく頂きました
★★★☆☆ → そこそこ楽しい時間が経過
★★☆☆☆ → さほど可も無く不可も無く
★☆☆☆☆ → 古本屋さんにドナドナ予定

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2013/07/15

CDまとめていろいろ18

妄想エステV妄想エステV
(2012/03/21)
ドラマ、諏訪部順一 他

商品詳細を見る
耳で受けるエステCD第5弾。
舞台はいつもの「エトランテ」から一転、ライバル店「バビロン」へ。
とはいえ失礼ながら、私にはエトランテとバビロンの違いがイマイチわからんのですけども。
オーナー同士がかつて良き友だったからか、設定やらコンセプトやら諸々まるっと同じだしなぁ。違うのは呼び名(姫とプリンセス)くらいじゃなかろうか。
いやかつてというか、道が分かれた今も別にいがみ合ってるわけじゃなかったらしい事実発覚は素で意外でしたが。
エトランテに嫌がらせしてたのって、バビロンじゃなかった…の…??

ともあれこちらもまた大変な美声祭りでした。
超絶セクシーオーナー(CV:井上さん)によるオトナのエステを筆頭に。
柔らかに自信家の三樹(CV:イトケンさん)。
エロスだだ漏れオレ様系の元ホスト・YAMATO(CV:達央さん)。
と素敵なメンツ揃い。
さらにお馴染み「エトランテ」の色香全開オーナー(CV:諏訪部さん)も登場してくれます。

立て続けに繰り出される数々の美声×ダミーヘッドの威力たるや!という、至福にして危険値もすこぶる高いCDでございました。



彼氏以外~同僚との過ち~[彼氏以外シリーズ]彼氏以外~同僚との過ち~[彼氏以外シリーズ]
(2011/05/13)
石田彰

商品詳細を見る

普段なにかと見聞きしているものが偏っているのか、ごくごく普通の現代人を演じておられる石田さんはえらく新鮮でした(笑)
さておき、これシナリオ上手いなあ。
石田さんキャラが置かれているポジションの切なさとか、それを際立たせるセリフ回しとか、いちいちキュンときた。
と同時に、ヒロイン(同棲中の彼氏が優しくて物足りず浮気に走る女)が実に腹立たしい…!
(※ヒロイン=自分という図式はすでに頭にありません。もはや完全にヨソの女)
テーマがテーマ(浮気)なので結局いわゆるBADエンドに到達しちゃうのはやむを得ないとしても、そのBAD感を味わっているのは石田さんキャラだけで、ヒロインは順当に幸せになっとるあたり大変微妙な気持ちになりました。
つか石田さんキャラがオトコマエすぎるんだ…。
彼女に対して徐々に本気になっていく、でもそれを冗談に紛れさせ隠し通して、彼女の負担になるまいとするんですよ。彼女を責めることもないんですよ。切ないよ石田さん…!
フリトの後にシークレットトラック(ふたりの関係が継続しているアナザーED)も収録されておりましたが、でもこれはこれでやっぱり微妙な気持ちになった…。モヤモヤ。



三国恋戦記 ~オトメの兵法!~ 公式ドラマCD 孔明編 誓いの星三国恋戦記 ~オトメの兵法!~ 公式ドラマCD 孔明編 誓いの星
(2010/10/29)
No Operating System

商品詳細を見る

以前聴いた2枚(玄徳編・仲謀編)と比較すると、あれれ、格段に微糖…?
師匠は本編でも切なさ担当だったので、いわゆるわかりやすい甘味とは縁遠い存在でしたが。よもやCDでもその路線を貫いていらっしゃったとは。
しかし実はいつだって花ちゃんを最優先している、師匠のわかりにくくて深ーーい愛情はご健在でした。
まぁ個人的にはそこんとこ、…まわりくどいよ師匠!!!と思ってしまうのだけども(苦笑)



神☆ヴォイス(1)限定版 (プレミアムKC)神☆ヴォイス(1)限定版 (プレミアムKC)
(2011/11/17)
薮口 黒子

商品詳細を見る

限定版コミックスに付属されているDJCD風CD「『神☆ヴォ』への道!!」。
神ヴォのふたり、ユウ(@梶くん)とタツマ(@羽多野さん)がパーソナリティを務める架空のラジオ番組、という設定だそうで。
ゲストの2名、田中真弓さんと神谷さんの対談(声優という道に進んだ経緯)が実に興味深かったです。
あとタツマキャラを意識して喋っていらっしゃる羽多野さんと、自然体でユウらしさのある…というかわりといつもの本人パーソナリティっぽい梶くんとの対比がちょっとおもしろかった(笑)

 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。