Category

※緑の文字は、クリックで詳細メニュー展開。

openclose

Recommend
Hello! 【DVD付】





18禁BLゲーム「NO,THANK YOU!!!」応援バナーキャンペーン実施中!

Profile

杏花

【管理人】 杏花

【CP嗜好】
 ・受にベタ惚れの攻 (基本)
 ・年下攻 (下克上万歳)
 ・男前受 (ザ・漢!)
 ・オヤジ受 (照れ屋な純粋培養)
 
【作品嗜好】
 ・明るくほのぼの
 ・ハッピーエンド
 ・メンタルラブ
 ・ラブコメ、ロマコメ
 ・ちゅー大好物
 ・デキる男たちのワーキンラブ

【私的評価基準】
★★★★★ → この巡り会いに心から感謝
★★★★☆ → とても美味しく頂きました
★★★☆☆ → そこそこ楽しい時間が経過
★★☆☆☆ → さほど可も無く不可も無く
★☆☆☆☆ → 古本屋さんにドナドナ予定

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2013/02/23

「えんどうくんの観察日記」 (ドラマCD)

Category : BLCD あ行
Dramatic CD Collection えんどうくんの観察日記Dramatic CD Collection えんどうくんの観察日記
(2012/02/22)
(ドラマCD)

商品詳細を見る


【あらすじ】 (公式紹介文より引用)
ほくろ、首、髪…気になったらとまらない──。
高校生の津田は、ある日、席替えで無口で無表情な遠藤と席が前後になった。ささいなきっかけから交流が生まれ、今までまったく知らなかった遠藤が見えてくる。ほくろ、首、髪、ちょっとした表情の変化。けれど、もともと他人への関心が薄かった津田は、近づく遠藤との距離に焦燥感を覚え……。他人への関心が薄いコワモテな高校生・津田くん×無口で無表情だけど色っぽい同級生・遠藤くん──不器用で甘酸っぱい二人の純愛観察日記をドラマCD化!


【私的評価】 ★★★☆☆

【感想】
原作未読。
えらくハードルの高いCDですねこれ…。
ストーリーの流れは伝わってくるけど、とにかく雰囲気重視。音声化への果敢なチャレンジ精神が窺えました。


<キャスト>
【CP】
三浦祥朗(津田)×近藤隆(遠藤)

【その他】
鈴村健一(神崎)/藤田麻美(千葉)/榎本温子(青山ちひろ) 他


CPは同級生。
淡泊でドライな無口くん×淡泊でシャイな無口くん。
系統は異なるものの揃って口下手という、音声化への高いハードルを抱えるCP。

攻の津田(@三浦さん)は、どっしり沈着を極めて落ち着き払いまくったクール低音。
コワモテ無愛想な高校生くんですが。
心底問いたい。キミほんとに高校生か。何そのイイ低音!

受の遠藤(@近藤さん)は、ほとんど喋りません(笑)
発言率が低い上にその8割くらいが「興味ない」で構成されております。看板に偽りなしの無口くんです。
なので遠藤視点のトラック(やっと喋った遠藤の胸中ダダ漏れモノローグ)にはちょっとした感動を覚えた。クララが立った!
伴って、このたびの近藤さんが高くも低くもない中音トーンでいらっしゃったことも判明。スッキリ。

同級生→友情っぽいもの発芽→恋愛っぽいものへシフト、という発展途上型の純愛CP。
ちゅー止まりの可愛らしいライトBLでした。
こういう起伏の少ない日常ストーリーは大好物ですが(原作に対する興味がめいっぱい湧いた!)、しかしCDだとやっぱりなかなか手ごわい感がありますね…。
想像で補うには難易度がやや高め。雰囲気の心地良さを物足りなさが上回っちゃいました。せめてもう少しだけでも甘味増量された後日談を聴きたかったなぁ!

共通の友人ポジション、神崎(@鈴村さん)がいちばん年相応に賑やかでした。いちばん普通に喋っておられた。
あと強烈個性の女性陣。妨害種じゃないけれど、ガツガツ飛び込んでいらっしゃるので一層賑やかでした。
メインCPが揃って「静」タイプゆえ、取り巻く周囲の「動」がやたらと強調されていた現象だろか。ついでにそれがリアルに声量に比例していて、たびたびボリューム調整に難儀したという若干の弊害も(苦笑)


【関連リンク】
B'Sgarden (出版社)
topica.memo (原作者さん)


【他の購入者さんの評価】
◆amazon ⇒ カスタマーレビュー

 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。