Category

※緑の文字は、クリックで詳細メニュー展開。

openclose

Recommend
Hello! 【DVD付】





18禁BLゲーム「NO,THANK YOU!!!」応援バナーキャンペーン実施中!

Profile

杏花

【管理人】 杏花

【CP嗜好】
 ・受にベタ惚れの攻 (基本)
 ・年下攻 (下克上万歳)
 ・男前受 (ザ・漢!)
 ・オヤジ受 (照れ屋な純粋培養)
 
【作品嗜好】
 ・明るくほのぼの
 ・ハッピーエンド
 ・メンタルラブ
 ・ラブコメ、ロマコメ
 ・ちゅー大好物
 ・デキる男たちのワーキンラブ

【私的評価基準】
★★★★★ → この巡り会いに心から感謝
★★★★☆ → とても美味しく頂きました
★★★☆☆ → そこそこ楽しい時間が経過
★★☆☆☆ → さほど可も無く不可も無く
★☆☆☆☆ → 古本屋さんにドナドナ予定

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2013/01/03

「地下鉄の犬」 (ドラマCD)

Category : BLCD た行
地下鉄の犬 ドラマCD地下鉄の犬 ドラマCD
(2011/06/15)
イメージ・アルバム

商品詳細を見る


【あらすじ】 (公式紹介文より引用)
サラリーマンの篠田が会社帰りにコーヒーの匂いに導かれ入った先は、一軒の煙草屋兼骨董屋だった。そこで店主の朝倉と出会った篠田は、ひょんなことからお店に通うようになるのだが...?!

【私的評価】 ★★★★☆

【感想】
原作既読。そこそこ忠実でした。
何よりキャストさんの高シンクロ率に感動。受攻それぞれの第一声から歓喜に打ち震えました。イメージにジャストフィットすぎた。
ちなみに原作の感想はコチラです。


<キャスト>
【CP】
羽多野渉(朝倉智紀)×千葉一伸(篠田昌昭)

【その他】
門田幸子(美佐子)/市来光弘(小林) 他


CPは年下ワンコ(ゲイ)×中年リーマン(バイ)。

受の篠田さん(@一伸さん)は、低音寄りの落ち着いたトーン。
最近バツイチになったばかりの管理職。理知的だけどたまにがっつり天然。
一伸さんの受(というよりメインになっていらっしゃる作品自体)をこのたび初めて拝聴したのですが、オトナの色気漂う受っぷりが耳に心地良かったです。

攻の朝倉(@羽多野さん)は、ふんわり柔らかなハイトーン。
煙草屋兼古物屋を営む、やや涙腺弱めの乙女系青年。物腰柔らかな、あったかい人柄が前面に出ているヘタレっ子でした。

出会い→交流→ラブ、と順序良くステップアップしていく優しい物語。
劇的なことは何もなく和やかで、ところどころに切なさを見せつつも可愛らしさがその上を行きます。
それでいてお色気もちゃんとあるという好バランス。
心が疲れているときに聴きたくなる感じの1枚でした。高い癒し効果が期待できそう。

朝倉がゲイである事実発覚時の、彼のセリフひとつひとつが沁みました。
「俺はあなたに出会ったときから、同じ俺です」
「今までどおりでなくなるのは、今日知った、貴方だ」
「篠田さん。きっとあなたは、もうここには来ない」
穏やかで淋しげな語りをガツンと強調する、切ないピアノBGMがまた一層印象的でキュンときた。

CP成立後の、幸せ満開な温泉旅行話が好きです。可愛かったー。
わりと重量のある朝倉の恋心を、サラッと丸ごと受け止めちゃう包容力にあふれた篠田さんがオトコマエ!
そして家から持ち込んだシーツ諸々を有効活用すべく画策する朝倉は、もう何とも言えず微笑ましかったです。がんばれ若人!

ただ終始落ち着いた雰囲気のドラマだったので、ところどころで発生する小林くん(@市来さん)のハイトーンがちょっと耳に優しくなかっ…。ふいに飛んでくるたび、「!!」ってなりました(笑)

巻末トークは羽多野さん千葉さんの2名様。
エロス突入時における羽多野さんのがんばり(ピンポイントな腰つき)に、となりで「うわ!って思った(笑)」という一伸さんの鋭いコメントが大変素敵でございました。笑った。


【関連リンク】
Team Entertainment (製作元)
コアマガジン drap (出版社)
soft_machine (原作者さん)


【他の購入者さんの評価】
◆amazon ⇒ カスタマーレビュー
◆楽天市場 ⇒ みんなのお買い物レビュー

 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。