Category

※緑の文字は、クリックで詳細メニュー展開。

openclose

Recommend
Hello! 【DVD付】





18禁BLゲーム「NO,THANK YOU!!!」応援バナーキャンペーン実施中!

Profile

杏花

【管理人】 杏花

【CP嗜好】
 ・受にベタ惚れの攻 (基本)
 ・年下攻 (下克上万歳)
 ・男前受 (ザ・漢!)
 ・オヤジ受 (照れ屋な純粋培養)
 
【作品嗜好】
 ・明るくほのぼの
 ・ハッピーエンド
 ・メンタルラブ
 ・ラブコメ、ロマコメ
 ・ちゅー大好物
 ・デキる男たちのワーキンラブ

【私的評価基準】
★★★★★ → この巡り会いに心から感謝
★★★★☆ → とても美味しく頂きました
★★★☆☆ → そこそこ楽しい時間が経過
★★☆☆☆ → さほど可も無く不可も無く
★☆☆☆☆ → 古本屋さんにドナドナ予定

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2013/09/07

「YELLOW」 立野真琴

YELLOW 完全版 上: 1 (B's-LOVEY COMICS)YELLOW 完全版 上: 1 (B's-LOVEY COMICS)
(2013/05/08)
立野 真琴

商品詳細を見る


【あらすじ】 (公式紹介文より引用)
ゴウはバリバリのゲイ、タキはガチガチのヘテロ。どこまで行っても平行線、そんな二人の裏稼業は麻薬の横取り屋!! 危険な仕事も相手に背中を預けて乗り切って来たが、二人の関係に微妙な変化が……!?


YELLOW 完全版 下: 2 (B's-LOVEY COMICS)YELLOW 完全版 下: 2 (B's-LOVEY COMICS)
(2013/05/08)
立野 真琴

商品詳細を見る


【あらすじ】 (公式紹介文より引用)
ゲイのゴウとヘテロのタキ、二人の裏稼業は麻薬の横取り屋!! ある日“タキの育ての親”と名乗る奴らが現われてから、運命は狂い出す。謎に包まれたタキの過去を知るうち、二人の仲は急接近し、そしてついに……!?


【私的評価】 ★★★★☆

スポンサーサイト
【感想はコチラ】
 
2011/09/25

「お願い夢なら醒めないで」 鷹丘モトナリ

お願い夢なら醒めないで (花音コミックスCitaCitaシリーズ)


【あらすじ】 (公式紹介文より引用)
社内で怖い・厳しいと評判の上田は、うかつにも2丁目で男といる所を密かにタイプだと思っていた部下の久保に見られてしまった…。それから数カ月。あの夜のことはお互い口にしていない。
「あれは見間違いだったのか?」
安心していた矢先、出張先のホテルで久保と同室となってしまって─────!?
プライドが邪魔して素直になれない鬼上司が強引に身も心も解きほぐされていく 大人のラブストーリー傑作選+描き下し付。


【私的評価】 ★★★☆☆


【感想はコチラ】
 
2011/06/05

「鎖国恋愛」 DUO BRAND.

鎖国恋愛 (バーズコミックス)


【あらすじ】 (公式紹介文より引用)
岡っ引の安芸は、奇怪な殺人事件の捜査中、命の恩人によく似た男・久我と出会う。どこか町人とは違う空気をまとう久我に惹かれていく安芸だったが、国家の重大機密を知ってしまい…!?

【私的評価】 ★★★☆☆


【感想はコチラ】
 
2011/04/03

「ドクターの密かな楽しみ」 高沢たえこ

ドクターの密かな楽しみ (ドラコミックス)


【あらすじ】 (公式紹介文より引用)
医者の甘木は、怪我を負った高校生・上田をひょんなことから助けることに。治療の痛みに耐える上田の姿に甘木のS心が刺激されてしまうが、上田と会うたび、苛めたい衝動と共に愛おしい感情が芽生えてきて…!? 表題作他、リーマン同士の恋を描いた「もう一度キスして」も収録。

【私的評価】 ★★★☆☆


【感想はコチラ】
 
2010/09/04

「公僕の恋」 鷹丘モトナリ

公僕の恋 (バーズコミックス リンクスコレクション)


【あらすじ】 (公式紹介文より引用)
【代議士の愛人の子】という派手な生まれながら、真面目でクールな堅物に育った吉本は、地味な公務員として児童福祉事務所に勤務していた。しかし同僚である児童心理司・黒部の屈託のない明るさにふれ、肩肘を張って生きてきた孤独に気づき、不覚にも涙をこぼしてしまうが…!?

【私的評価】 ★★★☆☆


【感想はコチラ】
 
2009/02/02

「恋は思案のほか」 館野とお子

恋は思案のほか


【あらすじ】 (公式紹介文より引用)
一人暮らしをするためバイトを探していた持田は、同じ大学の塚原の家に同居し彼を見張るというバイトをすることに。しかし塚原は頻繁に男を連れ込むホモだった。はじめは戸惑っていた持田だが、一緒に暮らすうち徐々に塚原のことを理解し友達として受け入れる。ある夜、塚原の部屋から洩れ聞こえてきた情事とわかる声に反応してしまった持田は…。悩める純情ラブ

【私的評価】 ★★★☆☆


【感想はコチラ】
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。